躁うつ病を家族や身の周りの人達にわかってもらえない場合は

イッシキ

うつ病、躁うつ病、統合失調症など、精神疾患にはいろいろあるけど、共通して困っているのが身の周りの人にその辛さを分かってもらえない、というのが挙げられるね。


きなこ

そうですね。
たしかによく聞きます。
精神なんて見えないものを主張されても、わからない人にはわからないでしょうし。


イッシキ

ツイッターなんかを読んでも「配偶者に酷いことを言われた」とか「姑の何気ない一言が辛い」とかといったツイートがよく見受けられるね。


きなこ

私も色々言われますね。
「そんな余計な一言は要らないよ」とか「なんでこう場を引っ掻き回すんだよ」とか「空気を読んでくれ」とか。
まあ私は気にしてませんが。


イッシキ

そういったことを「気にしない」で済ませられるのも一つの才能だね。
いいことだと思うよ。
でもやっぱり皆が皆そういうわけには行かない。
どくに精神を患って、タダでさえ「自分は存在する意味がない」「死にたい」と思っている人にすれば、何気ない一言は錐で胸を穿つように堪える。


きなこ

で、どうすればいいのかということを今回は説明してくれるんですよね。
どうすればいいんですか?


イッシキ

「諦める」というのが回答になるね。


きなこ

それだけですか?
それ、回答として成立してると本気で思ってます?


イッシキ

まあ待って。
もちろん思ってないよ。
ただ諦めるんじゃなくて、諦める線を決めるんだよ。
「ここまでは分かってもらいたい」「ここからは分かってもらわなくていい」という線を決める。
つまり妥協するということ。


きなこ

妥協ですか。
「私は一切の妥協を許さない」という職人さんとかが好きなんですが。


イッシキ

精神疾患者は職人さんじゃないからね。
むしろ職人さんみたいに「完璧にこなす」というふうに考えてしまうと、病状は余計に悪化してしまう。
ここで言うと「すべてを分かってもらおう」とするとだめだということだね。


きなこ

でもちゃんと分かってもらってほしくなりませんか?


イッシキ

うん。
そうなると思う。
でもね、やっぱり「すべてを分かる」ということはあまりに難しいことだと思わないかい?
目に見えないものを、相手の言葉だけで、心から理解することはおそらくは不可能だと思う。


きなこ

なんか「宇宙人に”左”の意味を教えるにはどうしたらいいか」みたいなのに似てますね。


イッシキ

それとはちょっと違う気もするけど・・・。
かんたんな例で考えてみると、よく映画とか漫画なんかのフィクションで、腕や脚を斬り離されるという場面とかがあるよね。


きなこ

ありますね。
あれ、横に切り離されるより、縦にズバッと斬られたらめちゃくちゃ痛そうだな、と思います。


イッシキ

まあ縦でも横でもいいんだけど、あれが「痛い」ということは分かるよね。


きなこ

そりゃ痛いでしょうね。
斬る前に麻酔をかけてくれる敵なんていないでしょうし。


イッシキ

でもどれだけ痛いか、ってわかる?
実際に斬られた人が、どれだけ痛かったかを説明したとして、その痛さって理解できるかな?


きなこ

うーん・・・それはちょっとむずかしいでしょうね。
表現力を示すプロである小説家でも、その痛みを伝えるように表現するというのは難しいと思います。


イッシキ

だよね。
見た目だけでも痛いとわかるこんな例でも、その痛みを相手に伝えることはできない。
まして見た目もわからない精神疾患では、相手に分かってもらうのは更に難しいということが分かるだろう?


きなこ

確かに。
突っ込みどころがないほどの正論です。


イッシキ

いつも突っ込んでるのは僕のほうだけどね。


きなこ

じゃあどうすればいいんですか?
一線を引く、とかそういう話だったと思いますけど。


イッシキ

うん。
だから上で触れたとおり「ここまでは分かってもらおう」という線を決める。

身の周りの人が協力的でいてくれるとか、協力的とは言えないまでも、「なにか辛い状況にあるのかもしれない」と思ってくれているのであれば、「とにかく今は自分はつらい状況で、体を動かすこともできない」というところまで分かってもらうことを期待してもいい。

躁うつであるなら「躁状態になったら、信じられないほど明るくなり、行動できるようになる」ということにも注意してもらえるだろうね。


きなこ

皆がみんな、そんな協力的じゃないですよ。
だからツイッターでも嘆いてる人がたくさん居るんですし。


イッシキ

そうだね。
もう完全にわかろうともしてくれない、という人には分かってもらおうとすら思わないようにするというのも手だよ。


きなこ

それが手段なんですか?
分かってもらおうとすらしないというだけで?


イッシキ

期待しない、というのは立派な手段だよ。
期待するということは、相手になにかを求めているということ。
なのに何も応えてくれないからダメージを受けるんだよ。
最初から何も期待しなければ、受けるダメージもかなり減ることが期待できるよ。


きなこ

はー、なるほど。
一瞬「全然解決になってないじゃねーか」って思いましたけど、そういう風な考え方もあるんですね。


イッシキ

さらに、分かってもらえないどころか危害を加えてくるという場合は、逃げてしまうというのが最善手だね。
危害というのは、暴力はもちろん、口で色々棘が刺さるようなことを言われることも含むよ。


きなこ

逃げると言ってもどこに逃げればいいんですか?


イッシキ

まずは主治医と相談だね。
そして市役所の福祉課でも相談はできる。
他にも日本駆け込み寺というのがあるから、そこで相談してみるのも良いと思う。
もちろん緊急のときは迷わず交番、警察署に駆け込むように。



きなこ

最悪な事態も起こり得ますしね。
私もイッシキさんになにかされそうになったら交番に駆け込みますから安心してください。


イッシキ

何を安心すればいいのかわからないけど、追い詰められたと思っても、まずは「なにか手はないか」と考えたり検索したりして打開策を見つけることを意識しておいてもらえたらと思う。
自分一人では見つからなくても、相談する相手はいくらでも居るんだから。
ただし、SNSとかにいる胡散臭い人だけは避けるようにね。