躁うつ病でも薬はやめないといけない?

イッシキ

躁うつ病になると、切って離せないものの一つに薬の服用があるね。
そうするとよく聞くのが「そんなに薬ばっか飲んでたら依存症になるよ」とか「薬はやめたほうがいいよ」というアドバイス。
今回はそのことについてお話していこうとおもう。


きなこ

薬ですか。
たしかに躁うつ病みたいな精神疾患に、外科的手術というのはイメージできませんね。


イッシキ

昔はロボトミー手術という精神疾患のための手術があって、色々と問題を起こしたために中止になったんだけど、それはまた別のお話にするとして。
現在では治療法としては、薬の服用か、カウンセリングと薬の服用がメインだね。


きなこ

塗り薬はないんですか?


イッシキ

あるみたいではあるけど、これは精神疾患によって皮膚をかきむしってしまう人のための薬というのが正しい。
だからこの場合は皮膚のための薬ということになるね。


きなこ

なるほど。
じゃあやっぱり精神薬は服用するものが基本だということですね。


イッシキ

そういうことになるね。


きなこ

それで、その服用に対して色々なことを言ってくる人がいるということですが。


イッシキ

そう。
「薬はやめたほうがいい」「そんなのに頼ってるからだめなんだ」というようなことを言ってくる人がいることには、もう触れたね。
そしてそのことを気にしてしまう人は多い。


きなこ

そんなに多いんですか?
イッシキさんも言われました?


イッシキ

言われるね。
僕が躁うつ病で、薬を飲んでると明かした人は、たいがい数回は言ってくる。


きなこ

で、実際はどうなんですか?
薬はやめたほうがいいんですか?


イッシキ

絶対にやめてはだめだよ。
上で「アドバイスを言ってくる人」と言ったけど、あれはアドバイスじゃなくて、アドバイスに似たなにかでしかない。

きなこ

アドバイスもどきといったところでしょうか。


イッシキ

そうだね。
聞いちゃいけない。
そもそも精神の専門家が出した薬を「やめたほうがいい」なんて、なんで素人にわかるんだという話だよ。


きなこ

確かにそうですねえ。
でもイメージ的に薬って体に良くない気がしませんか?


イッシキ

正直なところ、僕もそう思うよ。
薬を飲まなくて済むのなら飲みたくはない。
薬を飲むときに、薬の数を見てため息が出ることもあるしね。

でもそれは必要だから飲むんだよ。
必要がなかったら、お医者さんも処方なんてしないよ。


きなこ

飲まなかったらどうなるんですか?


イッシキ

普段何気なく過ごしてる日常が一変すると思っていい。
躁うつ病になったら、基本日常でも辛いと思うけど、それがもっとひどくなる。
そりゃそうだよね。
躁うつの上がり下がりを抑える薬を処方されているのに、それを飲まなかったら暴走状態になってしまうのは当然と言える。


きなこ

せっかく抑えられてきたものが元の木阿弥ですね。


イッシキ

だろう?


きなこ

でもそうなると、一生薬をガバガバ飲み続けないといけないんですか?


イッシキ

そういうわけではないよ。
というより、ガバガバは飲んでないかな・・・。
ちょっと大丈夫そうになってきたら、お医者さんに相談してみるといい。
「最近は寝付きがよくなってきたから、調子のいい日とかは睡眠薬を減らしてもいいですか?」ってね。
そうしたらお医者さんも「じゃあ減らすならこの薬からね。まずは一錠だけ減らしてみて、調子がよかったらもう一錠減らしてみようか」という具合に、具体的に減らす方法を教えてくれる。


きなこ

なるほど。
外野が単に「減らさないと依存症になるぞ」とか言ってるのとは訳が違いますね。


イッシキ

お医者さんは依存症にはならないように考えて処方してくれるよ。
僕の場合も頓服を処方されたときは「これは一日一回だけ服用するように。それ以上飲んだら、それを飲んだ状態が普通、というようになってしまうから」ときっちり注意を受ける。


きなこ

処方されてる分は決まってるのに、規定量を超えて飲むってことがあるんですか?


イッシキ

頓服だからね。
調子がいい日とかは使わなくて済むから、溜まっていくことも多々ある。
それを一気に飲んでしまうようなことを続けたりすると、依存症が起こったりするという意味だよ。


きなこ

なるほど。
じゃあ頑張って薬を溜めて転売すれば大儲け・・・。


イッシキ

法律違反だから絶対やっちゃだめだよ。
めでたく前科一犯になるよ。
他に犯罪を犯してなければ、だけど。


きなこ

それにしても、他にも色々な噂がありますよ?


イッシキ

どんな?


きなこ

精神科医は薬を処方しまくることで儲けてる。
患者はうまく利用されてるだけだ、って。


イッシキ

たしかにそういうお医者さんはいるね。
どんどんどんどん薬を追加していくだけの人。
多剤投与は問題にもなってる。

そういうお医者さんは、依存症とかも考えずにどんどん処方する。
最近、国もそのへんは制限するようにはなったんだけどね。
でもそういうお医者さんは疑ったほうがいい。
こっちの記事にも、そのへんのことは書いてるから参考にするといいよ。


きなこ

患者側からもお医者さんを観ることが大切だ、という記事ですね。
もう一度読んでみることにします。